ビマトプロスト配合ルミガン

4月, 2015

now browsing by month

 

まつ毛貧毛症は医療機関で改善可能

まつ毛貧毛症はかつてまで効果的な治療が難しいとされていましたが、最近の治療だとそういったことはなくなっています。
まだこうした症状に対して使用する医薬品に関しては一般のドラッグストアなどに流通していないことが多いのは確かですが、専門の医療機関であれば適切な医薬品を処方し、治療を行うことができるようになっているのです。
その治療に使われる医薬品の中でも、特に主流な物とされるのがルミガンという医薬品です。
このルミガンは日本国内では緑内障を治療するための薬として製造がされていましたが、そこに含まれるビマトプロストという成分にまつ毛の成長を促進する作用があるということが知られています。
このビマトプロストという成分を使った医薬品としてはラティースという医薬品があり、これは世界で初めてまつ毛の貧毛治療剤として効果を認められました。
ラティースはアメリカを中心として世界各地で使用がされていますが、ルミガンはこのラティースとほぼ同様の成分で作られていますから、その実績についてもかなり高いレベルがあると言えます。
医療機関での治療というと様々な器具を使った治療を想像する人が少なくありませんが、ルミガンの場合は個人でも簡単に使用することができるように設計がされています。
使用法としては洗顔後、付属しているアプリケーターという器具にルミガンを一滴だけ滴下し、上まぶたのまつ毛の生え際にアイラインを引くように塗布するだけです。
感染症リスクがあるためにアプリケーターは毎回交換するということには注意が必要ですが、それさえ注意をすれば非常に安全性の高い医薬品になっています。
まつ毛貧毛症は抱える人にとってのコンプレックスにもなりますから、症状を抱えてしまった場合には早期治療のためにも、なるべく早期に適切な医療機関を診療してください。