ビマトプロスト配合ルミガン

3月, 2015

now browsing by month

 

まつ毛貧毛症の原因

女性は、キレイになる為に日頃から化粧をしています。
化粧をする時に利用するのがビューラーで、まつ毛をカールさせて目を大きく見せることができます。
しかし、間違った使用方法を行っている方もいる為、まつ毛貧毛症になり悩んでいる方もいます。
まつ毛が不足してまつ毛貧毛症になると化粧がうまくいかないだけでなく、眼への異物混入回避や疾患予防などに支障をきたすことがあります。
そのままにしておくと最悪の場合、失明をすることもあるので治療が必要となります。
では、どのような治療をするのかというと、ルミガンという目薬を使用して治療を行います。
このルミガンという薬がどんなものかわからない方が多いですが、まつ毛貧毛症の原因となっているまつ毛の発育を良くする目薬です。
簡単にいうと育毛剤になります。
育毛剤と聞くと頭髪をイメージする方がほとんどですが、まつ毛も頭髪同様に毛が生えますので、育毛剤を使用します。
もともとルミガンは、緑内障の点眼薬として利用されていましたが、この点眼薬に入っているビマトプロストという成分がまつ毛の成長に効果があることに着目されて製品化されたものです。
治療薬としての効能や効果や安全性を承認した医薬品となっている為、安心して利用することができます。
ルミガンの使い方はとても簡単で、毎晩寝る前に1滴つけるだけです。
即効性はありませんが徐々に効果が現れますので、自然にまつ毛を増やすことができ、使用してから約2か月ほどでまつ毛の長さや太さや濃さなどを実感することができます。
まつ毛のパーマや量を増やすためのエクステ、化粧の時に利用するビューラーなどで傷んだまつ毛でも実感できます。
この薬を利用することで、大切な眼を守ることができます。

ルミガンでまつ毛貧毛症改善

 まつ毛が薄かったり短かったりして悩んでいる方(特に女性)は多いと思いますが、まつ毛を濃くする薬があることをご存じでしょうか。この薬はルミガンといい、本来は緑内障治療薬ですが、副作用としてまつ毛の発毛促進作用があり、現在ではまつ毛育毛剤としても使われている薬です。
 ルミガンは眼圧を低下させることで緑内障の進行を抑える薬なのですが、同時に皮膚の様々な細胞を活性化させる作用があります。そして活性化される細胞にはまつ毛の毛根も含まれており、ルミガンをまつ毛の根元に塗るとまつ毛が太く、長くなります。その結果、まつ毛が濃くなるわけです。副作用を利用するというのは不安だと感じる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。最近厚生労働省に認可を受けたまつ毛貧毛症治療薬にグラッシュビスタという薬があるのですが、ルミガンの有効成分はこの薬とまったく同じだからです。グラッシュビスタは処方薬でしかも保険がききませんが、ルミガンはネットでの購入が可能なので割安です。
 なおルミガンを緑内障治療薬として使用する場合は点眼しますが、まつ毛を濃くするために使う場合はブラシを使ってまつ毛の根元に塗ります。間違って目に入れてしまってもたいした副作用はありませんが、処方薬としても使われる薬なので、目に入ったら一応洗い流した方が良いでしょう。
 それと気をつけるべきなのは、必ず上のまつ毛の根元だけに塗るようにし、下のまぶたには塗らないことです。実はルミガンには皮膚に色素を沈着させるという副作用があり、この症状は特に下のまぶたに出やすいのです。そのため下のまぶたに塗ると、目元が黒ずんで隈になってしまいます。まつ毛が濃くなっても、目元に隈ができたのでは台無しなので、薬剤がまぶたに付着したときはすぐに洗い流すようにしましょう。

ルミガンは副作用から生まれた薬

ルミガンは、元々緑内障の治療薬として開発された経緯を持っています。
ルミガンを緑内障患者に使用することで、眼圧を低くし緑内障などの目の疾患を改善する効果を持っているのです。
ただ、治療に使用している過程で、患者さんのまつげが伸びたりふさふさとする育毛効果を確認し、まつげ育毛剤として利用されるようになっています。
このように、ルミガンは、元々緑内障の方の治療目的として利用されていく中での副作用から生まれた育毛剤になっているのです。
副作用から誕生した薬というと、まつげに利用しても大丈夫なのか気になりますが、正しい方法で使えば目や皮膚に問題を起こす心配はありません。
使う時には、医師から処方してもらう形で使っていく必要があるのですが、目や皮膚に対して問題がなければ処方してもらう事ができ、安全に使えるようになるのです。
目や皮膚の状態については、自分で認識していなくても病気が進行している場合もあるため、必ず医師の診察を受けてから、ルミガンを処方してもらうようにしましょう。
医師から診察を受ければ、目や皮膚に対しての負担を与える心配はありません。
また、処方されたときには、正しい使用方法を守るようにしましょう。
自分で良かれと思って、たっぷりと使った場合、目や皮膚に負担を与えてしまい病気に発展する可能性もあるのです。
医師の管理のもとで、正しい方法で使うことで、体に異常が起こることなく使っていくことができ、まつげの悩みついても解消できるようになってくるのです。
ルミガンは、副作用から生まれた薬になっていますが、薬の効果などについてもわかっているため、不安なくまつげを伸ばすために利用していくことができるでしょう。